消化器癌診療における治療内視鏡実践ハンドブック - 国立がんセンター東病院内視鏡部消化器内科

消化器癌診療における治療内視鏡実践ハンドブック 国立がんセンター東病院内視鏡部消化器内科

Add: owase66 - Date: 2020-11-25 07:02:42 - Views: 7407 - Clicks: 7328

26 Liver Parenchymal Staining Using Fusion ICG Fluorescence Imaging Inoue Y. See full list on chuo. 平成元年 県立横手高等学校卒業 平成 9年 昭和大学医学部卒業 平成13年 昭和大学第二生理学大学院卒業 平成09年05月~平成15年09月 昭和大学医学部付属病院 第二内科医員 平成15年10月~平成16年09月 国立がんセンター東病院 研修医 平成16年10月~平成19年12月 昭和大学医学部付属病院 消化器内科助教 平成20年01月~平成21年03月 市立秋田総合病院 医長 平成21年04月~平成30年08月 医療法人白根病院 検査部長 消化器癌診療における治療内視鏡実践ハンドブック - 国立がんセンター東病院内視鏡部消化器内科 平成30年10月~ 国立がんセンター東病院内視鏡部消化器内科 いとう内科胃腸内科クリニック. 1998年より消化器内科医師としてキャリアをはじめる。esd治療の先駆者の1人として高度な技術を持つ。 後進の育成も積極的に行い、年現在ntt東日本関東病院 消化管内科・内視鏡部 部長として活躍している。. Mar;20(3):595-603. がん征圧に向かう内視鏡医たちへ! 消化器癌診療における治療内視鏡実践ハンドブック 編集 消化器内科医が診断だけでなく、治療に も積極的に関わるようになった昨今、内 視鏡による治療技術に関わる幅広い知識. See full list on sotuken.

私は当院で2年間初期研修を行った後、そのまま消化器内科の後期研修医(専攻医)として専門研修を開始しました。後期研修医として当院に残る道を選んだのは、コンサルタントとして何でもバリバリと処置をこなす先輩後期研修医たちの姿が、救急外来で働く初期研修医の立場から見て、非常に生き生きと充実した研修を送っているように見えたからでした。実際に私自身が後期研修を経験した中で実感している当院消化器内科の特長をいくつか紹介します。. See full list on jcog. Jun;21 Suppl 3:S390-7. 私は当院で2年間の初期研修を行い、消化器内科で3年間の後期研修を行いました。後期研修を終えた今、当院消化器内科での研修の特徴をご紹介したいと思います。 第一の特徴として述べたいことは、消化器内科という多様な疾患を扱う領域にあって、非常にバランスの取れた研修を行うことができるという点です。消化器内科学は、臓器で大別して消化管領域と肝胆膵領域とに大別されます。ただでさえ扱う臓器が多い上、胃癌・大腸癌といった悪性腫瘍や慢性肝炎・炎症性腸疾患などの炎症性疾患といったように、様々な病態を対象としています。当院では各領域に精通した経験豊富なスタッフの先生方の指導のもと、偏りのないハイレベルな研修を行うことができます。症例数も非常に多いので、否が応でも偏りがなくならざるを得ない、という方が正しいかもしれません(笑)。消化器内科の代名詞とも言える上部・下部消化管内視鏡検査は言うまでもなく、ESD・ERCP・TACE・RFAといった治療も術者として積極的に携わることができます。例えばESDに関しては、後期研修の間だけでも50例以上を経験することができました。消化器内科医は内科としての知識だけでなく複雑な手技をこなす力も必要なため、これだけの経験を積むことができる環境は理想的だったと思います。 第二の特徴としては、3次救急までを扱う神戸市随一の総合病院として救急症例が非常に多いことです。吐下血や胆管炎といった内視鏡治療を要する病態から、重症急性膵炎や劇症肝炎といった内科的なマネジメントを要する病態まで幅広く経験することができます。最初は冷や汗をかきながら内視鏡を握るということもありましたが(笑)、上級医に助けて頂いたり他の後期研修医と協力しながら症例をこなすうち、心に余裕を持って対処できるようになったと思います。 第三の特徴としては、学会・論文発表などの学術的な面に関しても積極的な点です。私自身、地方会から総会、さらには国際学会といったように、徐々にステップアップして学会発表を経験することができました。多忙な臨床の合間に学術活動を行うのはきついこともありましたが、発表作成を通じて飛躍的に知識が身に付きますし、他の先生方とともに発表し終えた後の達成感は良いものです。 以上、当院消化器内科での後期研修の特徴を述べさせて頂きました。正直多忙な生活ではありましたが、自分が望めばいくらでも. 編集:石原立 B5判・340頁 | 定価:本体 10,000円+税 【内容】内視鏡医は咽頭から食道までの疾患を的確に診断、治療する必要があるものの「これは癌? この治療法が最善?」と悩みます。本書ではそのような疑問をクリアにします。.

1983年に東北大学医学部を卒業。1992年に博士号を取得、以降、1997年に米国MDアンダーソンキャンサーセンターへ留学した期間を除き、国立がん研究センター東病院の消化管腫瘍内科医師として勤務。年より、早期・探索臨床研究センター(現:先端医療開発センター)センター長として、がん新薬のFirst-in-Human(FIH)試験、医師主導治験とTR研究を行う体制整備を進めてきた。また、年には日本医療研究開発機構(AMED)の科学技術顧問としても活躍、年より現職である、国立がん研究センター東病院長に就任した。これまでに、NEJM, the Lancet, Journal of Clinical Oncology, Lancet Oncology, the Journal of the National Cancer Institute. ◆がん研スタイル 癌の標準手術 「膵癌・胆道癌」 メディカルビュー社 齋浦明夫ら ◆がん研有明病院の肝臓がん・胆道がん・膵臓がん治療に向きあう食事 女子栄養大学出版部 井上陽介ら ◆Imaging and Visualization in the Modern Operating Room Chap. 私は当院で2年間初期研修を行い、その後3年間の後期研修を経て、現在は大学で基礎研究を行っています。当院での研修を振り返って、初期・後期研修の特徴を紹介させていただきます。 初期研修の特徴は「市中病院と大学病院両方のいいとこどり」です。 当院の救急外来は小児から大人まで、一次から三次救急まで対応しているため、来院する多くの患者さんを診察し、様々な病態に対応する力をつけることが出来きます。一方、当院には多くの優秀な指導医の先生のもと、大学病院レベルの診療が行われており、内科・外科ローテーションでは大学病院でしか経験しないようなまれな疾患に対してどのように診断・治療するべきかを学び・実践することが出来ます。つまり、様々な病態の豊富な症例を経験できるとともに多くの優秀な指導医のもとで大学レベルの診断・治療を実践できるという「市中病院と大学病院両方のいいとこどり」ができます。 後期研修の特徴は「豊富な症例」「多くの仲間」「学術研究」です。 当院の最大の特徴は「豊富な症例」です。豊富な症例を通して様々な手技を経験することで多くの知識・技術を身につけることが出来ます。「百聞は一見に如かず」といいますが、学んだり聞いたりしただけでなく、その症例を目の当たりにすることで得られる経験は何ものにも代えがたいと思います。 2つ目の特徴は「多くの仲間」がいることです。当院には後期研修医が多くいるため、お互いを刺激しあい切磋琢磨することができます。さらに先輩後期研修医がしていることを見て、自分が実践し、後輩に教える、つまり「see one, do one, teach one」を実践することで知識・技術を学び、身につけ、定着させることが出来ます。もちろん、各分野に精通したスタッフが後期研修医たちをしっかりと支えてくれるので安心です。一方、後期研修が始まると主治医として患者さんを担当することとなり、主治医としての責任感から重圧や悩みも多く生じます。その時に同じ環境にある仲間がいて、気持ちを共有し、励ましあえたのは非常にありがたいことでした。なお、多くの後期研修医がいることによって経験できる症例や手技が減るのではないかという懸念が生じますが、その心配は全くないので安心してください。 最後に3つ目の特徴として「学術研究」を挙げたいと思います。豊富な症例や特異な疾患の経験を世界に発信することは自. See full list on kompas. J Gastrointest Surg. 各種がんに対する治療では、拡大手術から、低侵襲の手術までの各手術を中心に、化学療法、緩和ケアなども含めた質の高い集学的治療をこの東三河地区で提供してきましたが、平成24年12月には、最新の放射線治療機器を導入し、放射線治療も完備して.

(集中治療部 山本豊部長)や、感染症科チーム(感染症科 羽山ブライアン副医長)、さらには疼痛管理グループ、栄養管理科、メンタルサポートチームらの専門グループと常に連携した医療を実践しています。. Saiura A, Yamamoto J, Koga R, Takahashi Y, Takahashi M, Inoue Y, Ono Y, Kokudo N. See full list on onoba-itoclinic. 12月4日(金)15:15 ~ 16:15. 4 ndlc : sc467 ndlsh : 消化器癌: 注記: 執筆: 金子栄蔵 ほか 各章末: 文献: タイトルのヨミ、その他のヨミ: ショウカキ ガン : ソウキ シンダン: 著者名ヨミ: オダ, トシツグ: 件名のヨミ: ショウカキガン: ttll: jpn. 欧米においては遺伝子パネル検査が既に医療サービスとして日常診療で次々と導入されていますが、日本の「がんゲノム医療」はまだ欧米のレベルに追いついていません。年4月9日より国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院は、114遺伝子と12種類の融合遺伝子を調べる遺伝子パネル検査「NCCオンコパネル」を臨床研究(先進医療B)として開始しました。当院においてもこの検査を8月頃から導入する予定ですが、適応対象となる患者数は全てのがん患者の約1-2%に留まります。そこで当院では、現在実施しているPleSSision検査に加えて、ひとりでも多くのがん患者さんに遺伝子パネル検査を実施できるように、これから手術を受ける全てのがん種の患者さんを対象にPleSSision-Rapid検査を開始します。この検査は、病理検査の補助的検査として160遺伝子を調べるもので、遺伝性の有無については解析を行わない等、自費診療検査のPleSSision検査とはいくつか異なる点がありますが、臨床研究として実施するため、患者さんの検査費用の自己負担はありません。 一方、日本における「がんゲノム医療」には、もうひとつ大きな問題があります。それは、仮に遺伝子パネル検査によって標的遺伝子異常が見つかっても、現行の保険医療制度の元では発症臓器毎に治療薬剤が決められているために、遺伝子異常に基づく薬物治療を実際に施行できる機会が限られているのです。そこで、当院では腫瘍センターが中心となり、少しでも個別化治療を実施する可能性を増やすために複数の先進医療Bを申請して、遺伝子異常に基づく個別化医療を実施する態勢を全国の連携病院と共に構築していきます。その結果、日本のがんゲノム医療の均てん化、すなわち、すべてのがん患者さんが遺伝子パネル検査を受け、自分の「がん」の個性を知り、遺伝子異常に基づく個別化治療を受けられる態勢の構築を目指し、最大限の努力をして参ります。.

当院の消化器内科専攻医研修では、数多くの消化器疾患症例を担当し、内視鏡検査・治療および病棟・外来診療などの業務に携わることができました。救急対応をする機会も多く与えられ、吐下血や急性腹症など多くの症例を直接経験することができました。1年目の初期から救急当番として同時に複数のコンサルトを受けることも多くあり、最初は困惑することも多かったと思います。しかしそんなときも一人で困り果てることはなく、周りの上級医や専攻医の先輩方に相談しながら、適切なアドバイスを頂き、対応を覚えていくことができました。専攻医としてすぐに初期対応を任されることで、責任をもって診療を行うことができ、日々実力を向上させていけます。また入院患者の主治医となることで、治療方針決定にも責任をもってかかわっていくことができます。治療内視鏡も数多く経験する機会が与えられ、最初は手取り足取りですが、徐々に任されるようになり、技術を磨くチャンスがあります。忙しく厳しい環境で、ときに挫けそうになりますが、周りの医師やコメディカルの方々に支えられながら研修を積んでいくことができます。3年間で入院、外来、救急を通じて、一般的な消化器疾患は一通り経験でき、ときに比較的まれな疾患も経験することができます。社会的な問題をかかえる患者も多く、社会的解決能力が求められます。 また消化器内科全体が学術活動にも熱心な雰囲気にあり、症例も豊富なため、地方会・総会、論文執筆や国際学会など幅広い学術活動が可能で、演者として数多くの学会発表を経験できる環境です。医師として人間としておおいに成長できる3年間になると思います。. . 今まで、「がん」は発症臓器、及び組織型に基づいて診断・分類された後、その分類に従って治療法の選択がなされてきました。しかし近年、「がん」は様々な遺伝子の異常が積み重なることで発症する、いわば「遺伝子病」であることが多数の研究により明らかにされてきました。また、その遺伝子の異常はそれぞれの患者さんごとに異なっているのです。そこで、特定の遺伝子異常を検索し、その遺伝子異常を標的とした個別化治療を行う「プレシジョンメディシン(精密医療)」が徐々に導入されるようになり、がん治療の概念が大きく変わろうとしています。 多段階発がんによるがん発生のメカニズム.

Amazonで学, 武藤, 寧, 佐野, 俊彦, 土井, 国立がんセンター東病院消化器内科の消化器癌診療における治療内視鏡実践ハンドブック。アマゾンならポイント還元本が多数。学, 武藤, 寧, 佐野, 俊彦, 土井, 国立がんセンター東病院消化器内科作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 消化器領域における内視鏡検査は、画像強調や拡大内視鏡など著しく進歩し、数mmの小さな癌をも診断できるレベルに達しています。 また、治療手技や処置具の開発と改良により、内視鏡的治療も日々進歩しております。. 昭和52年10月 (財)癌研究会附属病院内科 昭和56年2月 国立がんセンター中央病院消化器科医員 昭和60年5月 学位(医学博士)取得 平成2年3月防衛医科大学校第2内科講師 平成7年5月国立がんセンター東病院内視鏡部長 平成13年5月 東京慈恵会医科大学内視鏡科教授. 11 形態: 1 オンラインリソース 著者名: 室, 圭 書誌ID: NBISBN: (: electronic bk. 1983年 東北大学医学部 卒業 1983年 いわき市立総合磐城共立病院 内科 研修医 1986年 国立がんセンター中央病院 内科 レジデント 1992年 東北大学医学部 医学博士取得 1992年 国立がんセンター東病院 内視鏡部消化器科 医員 1996年 同 病棟部5A病棟医長 (1997年7月~9月:米国MD Anderson Cancer Centerにて研修) 年 同 内視鏡部長 年 国立がんセンター東病院臨床開発センター長 年 国立がん研究センター 早期・探索臨床研究センター長 年 同 先端医療開発センター長 年 日本医療研究開発機構 科学技術顧問(兼任) 年 国立がん研究センター 東病院長. 当院では、自費診療による受託臨床検査として160遺伝子を調べる「PleSSision検査」を(平成29)年11月から導入しています(検査費用;約77万円)。通常、がんの遺伝子検査は、患者さんのがん組織からDNAを抽出して遺伝子配列を解析しますが、PleSSision検査ではさらに血液から採取した患者さんの「がん」ではない細胞の遺伝子も同時に検査しています。それによって、より正確な遺伝子異常を検出し、また、そのがんが遺伝性か否かを判断することが可能です。解析結果は、主治医に加えて、病理医、薬物療法専門医、検査技師、バイオインフォマティシャンなどゲノム医療の専門家からなるカンファレンス「Cancer Genomic Board」によって議論され、ドライバー遺伝子のように発がんへの関与が知られており、治療標的としての介入(Action)が期待される「Actionable変異」、その中で実際に投薬可能な薬剤が存在する遺伝子変異「Druggable変異」を同定しています。また、複数の診療科のがん治療専門医から得られた、これまでの治療に対する反応や副作用、年齢、背景、治験情報等を加味した上で最終的な推奨治療を決定し、患者さんに遺伝子解析報告書をお返ししています。これまでに合計で300名を超える患者さんに対してPleSSision検査が行われてきました(前身となった北海道大学病院でのクラーク検査の実績を含む)が、その結果は当初の期待を大きく超えるものでした。Actionable遺伝子を検出した割合は90%以上、米国FDA承認治療薬または治験薬の情報に関与するDruggable遺伝子を検出した割合は70%以上に上っています。また、検出された遺伝子異常に基づく個別化治療を行った患者さんは12%で、奏効率(がんが一時的にでも縮小した症例)は44%、病勢制御率(がんが縮小またはがんの増大が止まった症例)は67%と報告されています(北海道大学病院での実績)。. 3年間、消化器癌の化学療法を中心に診療を行い、平成26年より国立がん研究センター東病院消化器内科に再度勤務し、平成28年より神戸大学腫瘍・血液内科 大学院医学研究科に進学いたしました。.

消化器癌治療における治療内視鏡実践ハンドブック ¥1,600 著者 国立がんセンター東病院消化器内科編集. 専攻医としての3年間の研修を通じてとても良い経験となったのは、腹部疾患の救急症例を数多く経験できたことでした。専攻医は夜間休日の宅直を担当しており、吐下血や急性腹症などの緊急症例を多数コンサルトされる立場にあります。(現在は、平日夜はスタッフ全員分担による消化器内科当直、休日は専攻医とスタッフによる宅直体制です)思い返すと、一晩に吐血患者1例と下血患者2例が同時に来院したことや、内視鏡的止血術を1例終えた直後に、急性膵炎の症例をコンサルトされるということもあり、非常に多忙な毎日でした。体力勝負のようなハードな一日もあり、デスクに座って教科書をゆっくり勉強するような時間はなかなかありませんでしたが、自らが経験した事柄の一つ一つが実になっていくような充実した3年間でした。また、コンサルトされた専攻医が孤立無援で困るようなことはなく、上級医の先生にはいつでも相談できたことが、研修施設として恵まれた環境であったと思います。このように、初期対応を任されることで、どこからどこまでを自分が責任を持って診療できるか、どこからは応援が必要かを考えながら対応し、次第に自分にできる範囲を広げていくという段階を経た研修ができました。 また数多く症例を経験できることが、診断学や技術を習得するうえで大変役に立ち、一般的な消化器疾患は、3年間でほぼ経験できました。なかでも慢性肝炎、肝硬変の通院患者が多いことから、食道胃静脈瘤破裂や肝癌破裂の救急患者を多数経験できたことは、他の施設で働くようになった現在、貴重な経験となっています。そして、地域の中核的医療施設であることから、比較的稀な疾患を担当する機会も多く、他の医師の担当症例であっても、カンファレンスなどを通じて症例を共有できた点についても特筆に価します。スタッフの先生方は、専門領域に関する造詣が深く、専攻医を終了して数年が経過した今振り返ると、いただいた助言はもちろん、日常会話の中での耳学問も含めて今の自分の診療に活きていると実感します。 具体的な技術面については、内視鏡、腹部超音波、血管造影、胃透視などの各検査を偏りなく経験し、自分の技術として習得することができました。現在は血管造影や胃透視を自分で行うことがない施設で働いていますが、専攻医時代に習得した経験が診療全般にとても役に立っています。またESDや、ダブルバルーン小腸内視鏡、EU. など300編以上の英文論文を発表。また、日本臨床腫瘍学会理事(兼 国際委員会委員長)・日本癌学会理事等の学会活動に加え、PMDA、厚生労働省、文部科学省の各委員会専門委員や評価委員としても活躍している。. Sakamoto Y, Hori S, Oguro S, Arita J, Kishi Y, Nara S, Esaki M, Saiura A, Shimada K, Yamanaka T, Kosuge T.

当院消化器内科に興味を持っていただきありがとうございます。 私は総合診療・救急診療に力を入れている京都の洛和会音羽病院で2年間初期研修を行いました。そして、その後の進路として専門分野として何を選ぶのか、どの病院を選択するのかで大いに悩んだ結果、①救急を含めた豊富な症例数、②充実した指導体制、③モチベーションを維持できる環境、を条件として検討し決めました。3年間の研修を終えた後に振り返って思うと、最も希望にあった研修先であったと実感しています。 当院はメディアでも取り上げられていましたが、全国救命救急センター評価で5年連続1位を獲得しており、救急患者を連日多数受け入れていることから症例には事欠きません。他院では治療困難な症例が紹介されてくることはしばしばです。また他の専門科も有力であることから、「全身疾患の消化器病変」といった希少な疾患も経験することが可能です。しかし、単に数が多いだけでは自分が行っている治療が妥当なのか・最適なのかがわからず数に忙殺されてしまいます。当院では消化管・胆膵・肝臓・炎症性腸疾患(IBD)の各専門家が上級医におられることにより、適切な治療を最短で提供しつつ、きめ細やかな指導を受けながら自らの技術も向上させることが可能です。病院によっては専門家がいない、機器がない、経験が少ない等で行えない検査・治療もありますが、当院では全領域において満遍なく、実に多彩な専門的な検査・治療を実践し学ぶことができるのは最大のメリットであると考えます。3年間の専攻医研修で培った幅広い経験を基盤として、専門領域の研鑽を積む際により高みを目指すことができると思います。 また臨床と学術活動は両輪の様なもので、双方がバランスよく機能することによってお互いの能力がより高まると実感しています。地方会での発表に加え、国際学会や英語論文執筆などもチャンスは多数あります。興味深い症例は多く、指導医も積極的に関与していただけます。院内には学術支援センターも整備されており、環境は十分に整っています。忙しい臨床の中で立ち止まって、深く考え、学ぶための非常に良い機会だと思いますのでぜひ積極的にトライしてみてください。 道を決めるというのは非常に悩ましいものですが、一歩踏み出してみて初めて見える景色もあります。消化器内科としての第一歩を当院で踏み出せたことは、私にとって大きなアドバンテ. ◆A combination of oral uracil-tegafur plus leucovorin (UFT + LV) is a safe regimen for adjuvant chemotherapy after hepatectomy in patients with colorectal cancer: safety report of the UFT/LV study. 日本内科学会、日本消化器病学会、日本肝臓学会、日本消化器内視鏡学会、日本臨床腫瘍学会などの認定医、専門医、指導医が診療しています。 3号館に移転し、これまでの3ブースから5ブースへと診療スペースを増やし、新患外来、再診、専門外来にわけ. 編集:国立がんセンター東病院消化器内科 責任編集:武藤 学/土井 俊彦/佐野 寧 44~64p「内視鏡的粘膜切除術(大腸)」 出版社:医学書院 ISBNC3047 監修 :小俣 政男/千葉 勉 224~232p「大腸ポリープ」 出版社:医学書院 ISBNc3047 編集 :工藤 進英 98~101p「出血・穿孔などの合併症の現状とその対策」 出版社:中山書店 ISBNC3347 Vol. See full list on medicalnote. . 医学博士 昭和大学消化器内科 兼任講師 日本内科学会 認定医 総合内科専門医 日本消化器病学会 専門医 日本消化器内視鏡学会 専門医 同指導医 日本消化管学会 認定医 同専門医 同指導医 日本肝臓病学会 専門医 日本ヘリコバクター学会 H.

4版 フォーマット: 電子ブック 責任表示: 室圭編著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本医事新報社,. ◆Favorable outcome after repeat resection for colorectal liver metastases. 伊藤 雅昭 (国立がん研究センター東病院 大腸外科/ next医療機器開発センター 手術機器開発室) 司 会: 猪股 雅史 (大分大学医学部 消化器・小児外科学講座) 緊急特別企画(公募・一部指定) 緊急特別企画. 【中古】 消化器癌診療における治療内視鏡実践ハンドブック /国立がんセンター東病院消化器内科【編】,武藤学,土井俊彦,佐野寧【責任編集】 【中古】afb. 消化器癌診療における治療内視鏡実践ハンドブック 国立がんセンター東病院消化器内科 編,武藤学, 土井俊彦, 佐野寧 責任編集,武藤, 学,土井, 俊彦,佐野, 寧,国立がんセンター東病院,. 判型 a5; 頁 224; 発行 年05月; 定価 5,170円 (本体4,700円+税10%) isbn. ショウカキガン シンリョウ ニ オケル チリョウ ナイシキョウ ジッセン ハンドブック. Japan Digestive Disease Week JDDW KOBE|第28回 日本消化器関連学会週間.

消化器癌診療における治療内視鏡実践ハンドブック - 国立がんセンター東病院内視鏡部消化器内科

email: egoseg@gmail.com - phone:(684) 379-5879 x 7582

データベース3000 基本英単語・熟語 5th Edition CD付 - 桐原書店編集部 - ミッドナイト 伊吹有喜

-> 明日を創る - 越智義邦
-> 0~5歳児 ごっこあそびアイディアBOOK - 小倉和人

消化器癌診療における治療内視鏡実践ハンドブック - 国立がんセンター東病院内視鏡部消化器内科 - 社会貢献イキイキ講座 渡邊一雄


Sitemap 1

青山学院高等部 7年間スーパー過去問 声教の高校過去問シリーズ 2019 - 素敵なおばあちゃまの手作り服